2020年10月

「話し合いを生かした、2つのうんどうかい~9月からの取り組み~」(年長)

今年のうんどうかいは平日開催、さらには2日に分かれて実施するという例年にない形でした。うんどうかい➀では、赤組さん黄組さんが主になって種目を行ったため、青組としては「ぼくたち、わたしたちにできることってなんだろう」と考える機会がありました。自分たちでできることを話し合い、「応援がしたい」「踊りを伝えたい」「お手伝いしたい」「メダルを渡したい」と大きく4つに分かれました。そこで、応援グッズを作ったり、踊りをグループで練習したり、お手伝いの仕事を分担したり、メダルを渡す練習をしたりして当日を迎えました。どの子もやりきったとても良い表情でした。  うんどうかい②は、待ちに待った自分たちの種目「つなひき」と「リレー」のある日でした。9月中は、走ることや綱引きをすること自体に楽しみがあって、延々と続いていただけでしたが、回数が増すにつれて、勝敗にもこだわりだしました。そして、最初は相手の気になるところばかりを口にしていた話し合いも、いつしか「こうしたら自分たちは良くなるんじゃないか」「次はこうして戦おう」という作戦を練る話し合いに変わりました。そして、みんなで勝ちたい、という思いが生まれました。 うんどうかいを通して、さらに仲間を意識し、話し合ってよりよくしていこうという雰囲気を作ることができてきました。  

「はしりたい!よーい、どん!」(年中)

 9月から学年みんなで集まる機会を設け、その中でかけっこをしました。「よーい、どん!」の教師の合図で、それぞれが一生懸命にゴールまで走りました。その日のお弁当の後には、自分たちで合図をする子、ゴールテープを持つ子、走る子に分かれて、繰り返しかけっこを楽しんでいました。うんどうかいでは、他学年の様子を見たことで、「私たちもやってみたい!」という思いから、赤組・青組の遊びもやってみました。リレーでは、かけっこと違い、白線を意識して走ることを頑張りました。エンドレスリレーで疲れるまで何週も走り、その様子を見ていた青組の子たちも混ざって一緒に走りました。友達と一緒に走ることや、自分なりの全力をだすということを頑張りました。戸外で体を動かして遊ぶのが楽しい時期になり、うんていやのぼり棒、木登りなど、自分なりの得意なものを見つけて、繰り返し取り組む様子も見られています。

秋の自然を感じて(年少)

栗の葉っぱを耳に見立てて帽子につけてウサギに変身。 築山ではござを敷くと、ゴロゴロ転がるって気持ちがいいです。 幼稚園でも落ち葉やドングリなどの自然物がたくさんあります。落ち葉のお風呂が盛り上がっています。 園外でも秋を感じています。 同じ敷地内にある、特別支援学校に栗拾いに行かせていただきました。足を使って上手にいがを取ろうとする子どもの姿もありました。その帰りに支援学校のグランドを走らせていただきました。広くてとても気持ちよく走ることができました。 また、近くの城北公園に行き、ドングリ拾いをしました。どの子も地面をじっと見つめ、真剣な目で探していました。 秋の深まりもこれからです。ますます自然物の遊びが広がっていきそうで楽しみです。