4か月のあゆみ【あゆみ】

相棒活動や運動会、グループ活動、そして日々の授業など、あゆみの子どもは本当にたくさんの経験をしてきました。

様々な活動に向かう過程で、自分たちの「こうしたい」「こうありたい」という「思い」を大切にし、実現しようと、学級の中で意見を交わし、時にはぶつかり、支え合いながら、4カ月を過ごしてきました。

高学年の仲間入りをしたことで、これまで以上に活動の幅や友だちとのかかわりが広がり、集団の一員としての意識や自分の役割の重さを実感した子も少なくないでしょう。

また、今までの3年間とは一味も二味も違うこと、これまでの経験を生かしながらも、まったく同じようにはいかないことなど、たくさんのことを感じたことでしょう。

このような経験の積み重ねが、きっとあゆみの子どもを大きく成長させてくれると私たち職員は考えています。

互いの「思い」を大切にしながら、自分たちの「あゆみ」をつくろうとする姿を期待し、夏休み明けの学校生活でも、あゆみの子どもを精一杯支えていきたいと思います。

8月26日に元気なあゆみの子どもに会えることを楽しみにしています。