更なる「ひかり」につなげた運動会

運動会では、家庭でのご支援や、当日のあたたかな応援をありがとうございました。今年度は、応援合戦やだるま運びを通じて切磋琢磨してきた「ひかり」。これまでの取り組みを精一杯ぶつけ合った当日の結果は、学年種目1位は青組、総合優勝赤組と黄組という形になりました。そして、各クラスでは今年の運動会の振り返りが行われました。

1組は、学年種目にかける思いを中心に振り返りを行っていました。練習時間を多く確保し、雨で練習ができなかった日も教室でだるまを台に乗せる練習をしてきた1組は、練習を重ねる度にタイムを更新していき、だんだんと心が繋がっていく実感をかみ締めていました。また、他学年の赤組も休み時間を削って練習している姿を見て、自分たちも刺激を貰ったと、他学年の取り組みにも目を向けていました。


2組では、昨年度の自分たちと比較しながら、成長を認め合っていました。今年度は自分の出番だけでなく、友達への応援や声かけを大切にしてきた2組は、友達と支え合いながら、クラスの全員でがんばることができたよさを実感していました。また、運動会リーダーや共に頑張ってきたクラスの仲間に対して感謝の気持ちを伝え合っていました。


3組では、学年種目3位、総合優勝という結果から、そこに至るまでの過程についての話し合いが行われました。練習に対する向かい方を見直すとともに、学年種目に負けても他学年を全力で応援してきた自分たちを振り返り、本気で取り組む練習とその姿勢には大きな価値があることを見いだし、最後まで諦めないことの大切さ、みんなの心が一つになったときの力強さを学びました。


どのクラスも、自分や友達、クラスの「ひかり」の成長につながるとともに、新たな「ひかり」が見えてくる、充実した振り返りになりました。

運動会の中では他にも素敵な「ひかり」が見られました。午前の競技が終わった後のお弁当の時間、1組や3組の子どもが2組の教室の出入り口から「2組1位おめでとう!1回も落とさなかったよね!」「青組今1位じゃん!午後は負けないようにがんばるからね!」と声をかけていました。すると、運動会終了後、「赤組優勝おめでとう!」「黄組大逆転だったじゃん!おめでとう!」と今度は2組の子どもが1組や3組の教室の前で拍手を送っていました。勝っても負けても、気持ちよくお互いを称え合う姿は、とてもひかり輝いて見えました。

運動会という行事を通して、今までよりも強く大きく成長し、更なる「ひかり」を灯してきた子どもたち。その子どもたちを支え、応援し続けて下さる保護者の皆様、日頃よりの学校へのご理解とご協力に感謝申し上げます。情勢が刻々と変化していく中ではございますが、今後とも子どもが力いっぱい「ひかり」輝き続けられるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。