第2回 グループ活動【思いを確かめる式】

各集団が体育館に集まりました。本年度のグループ活動及び本キャンプにおいて、全員が集合する機会は2回。そのうちの1回が、今回の【思いを確かめる式】でした。
式では、集団長とグループ長がステージに上がり、自分が目指す「集団」や「グループ」についての思いを語ってくれました。

あるグループ長は、
「私たちグループの目標は『みんなが笑顔でたがいに尊重し合う、明るく楽しいグループ』です。この目標をグループ全員で目指すには、「みんな」を大切にしていくこと。笑い合える時はとことん笑顔でいることを大切にしたいです。この目標を、みんなで達成できたらいいなと思います。そのために、私は自分中心で考えるのではなく、みんなを尊重しながらグル長として何ができるか考え行動していきたいです。」
と、決意表明をしました。本年度は、グループのみんなで決めたグループ目標を軸として活動に取り組んでいきます。「みんなで決めた目標だからこそみんなで達成したい」「そのために自分はこんなグル長になるんだ。」という熱い思いは、6名の集団長と15名のグループ長の言葉や表情から伝わってきました。

 

あるグループの目標は『一人一人が自ら行動を起こそう』です。【思いを確かめる式】を終え、教室に戻ったメンバーたちは、
「グループ目標に対するイメージがフワフワしているから、もっとガチガチにしよう。」
と、グループ目標に込めた意味・価値に ついて話し合いを始めました。
「自ら行動を起こすことで、かがやくよ。かがやきは、グループ名につながるじゃん。」
「だれかに任せるのではなくて、一人一人ができることをやれば、相手を支えることもできるし自分だって成長できるよね。」
「小さなことでもこれを意識していくと、ゆくゆくはつながりを感じられるようになる。」
こうしてメンバー一人一人の思いを伝え合っていき、
「これさ、別に1つにまとめることはなくてさ、どれも正しいよね。」
「ガチガチにはならなかったけど、フワフワをネリネリできたね。」
と、話し合いの幕を閉じていました。
目標について話し合うことを自分たちで決め、意見を出し合い深め合っていたメンバーたち。すでにグループ目標を大切にしている様子が伺えます。今後のグループ活動が楽しみです。