【うたごえ】後期がスタートしました!

早いもので、10月を迎えようとしています。6,7月には新しい仲間と過ごす中で各学級の風土が醸成されつつありましたが、8月の終わり、短い夏休みだったとは言え、およそ1か月ぶりに再会した子どもには、年度当初のような緊張感もありました。しかし、あっという間に友だちと打ち解け、元気溌剌と過ごす毎日が戻ってきています。9月は残暑も厳しく、学校生活のリズムを取り戻すのに大変さを感じている様子も見受けられましたが、最近では、本来のパワーを取り戻しているように感じます。つどいについて、各学級で伝えたいことやその伝え方等を、学級みんなの考えを大切にしながら話し合ったり、運動会・うたごえカップに向けて実行委員が声をかけ合い、学年で計画をし始めたりしています。授業でも熱心に語り合う姿が多く見られるようになり、子どもが自ら充実した生活を創り出している様子にたくましさを感じます。
今年度は前期にあたる期間が例年と比べると短かかったものの、その中でも、実行委員が作った活動の流れを学級みんなで加速させていくような経験を重ねてきました。また、学級委員を中心に各学級の生活に目を向けてルールを確認したり、授業で白熱した議論を繰り広げたりもしてきました。とても充実した期間だったように思います。
10月からは、学級委員や係などの組織も一新させ、各学級で再スタートをきっていきます。運動会に向けた練習やうたごえカップ、つどい等、楽しみにしていた行事に向けて、本格的に動き出します。行事の時期が近い分、計画や準備も並行して進めていくことになります。忙しい中でも友だちと関わりながら目的を見失うことなく、学級が一体となって取り組む中で、ひとりひとりが挑戦することや協力することを経験していくことを願っています。私たち職員も、自らをきりひらいていこうとする子どもを支えられるよう、ともに歩んでいきたいと思います。後期も引き続きご協力をお願いします。