Unit4 (3年生)自分が住む町の外国人住民のために災害マップを作ろう!

New Horizon 3 Unit4 Be Prepared and Work Togetherの学習を行いました。この単元では、生徒は「間接疑問文」「現在分詞による名詞の後置修飾」そして「過去分詞による名詞の後置修飾」などの言語材料を学習すると共に、災害について学習します。 そこで、本単元のタスクを「自分が住む町の外国人住民のために災害マップを作ろう!」、目標を「自分が住む町の災害情報や避難情報について、事実や自分の考え、気持ちなどを整理し、簡単な語句や文を用いてまとまりのある文章を書くことができる」と設定しました。生徒が自分の住む町の災害情報や非難情報を、A4 1枚に外国人向けにまとめるというものです。外国人に向けたメッセージを書くことを通して、本単元で学習する言語材料を活用することをめざしました。 自分の住む町の防災について改めて考える機会にもなりました。また、先日行った「Hinanjo Unei Game」での学びを生かそうとする姿勢も見られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

防災マップ①

防災パップ②

【外国語科 梅田 晃】