3年生社会科「消防署で働く人々」

附属浜松小学校の南の島の前に,大型消防車がやってきました。はしご車とポンプ車です。

     

消防車の仕組みについて、細かく教えていただきました。車の中も開けて見せてくださいました。

     

     

子どもたちは、消防署が24時間体制で地域を守っていることや、時には夜2時間しか眠れないこともあること等、実際に消防署員の方からお話を聞き、とても驚いている様子でした。

本物に触れ、学ぶことを楽しむ子どもたちの様子が見られました。