5年生 算数科「割合とグラフ」

5年生の算数科では、「東京五輪世界NO.3はどの国か」という問題に対して、統計的に解決する活動に取り組んでいます。

子どもたちは、グループごとに収集したデータをもとに「日本だと思う。」「イギリスだと思う。」など、各々の考えをもっていましたが、

議論を通して、データの見方が変わると結論も変わるということに気付くことができました。課題を自分事としてとらえて学ぶ姿が多く見られています。