苦労した甲斐がありました!

1学期に技術・家庭科の授業で、枝豆の栽培を行いました。

毎日水やりを行い、朝や昼休みには多くの生徒が自分の鉢を見守りに来ていました。芽が出たときは大喜び!

肥料をあげたり、暑い中虫取りを行ったりして世話をし続け、1学期が終わる数日前にようやく収穫の日を迎えました。

収穫した枝豆は、冷凍食品と比較検討し、それぞれの良さを見いだす学びを行いました。

そしていよいよ実食・・・したかったのですが、コロナ禍のため生徒の皆さんは自分で育てた枝豆を持ち帰り、各家庭で実食することになりました。代わりに職員が生徒の皆さんが丹精込めて育てた枝豆をいただくことに!!

んんっ!!! 日ごろ食べ慣れている冷凍食品も美味しいですが、無農薬で育てた枝豆は違うっ!! 職員の笑顔が物語っております。香り、歯ごたえ、かんだ瞬間に口の中に広がる風味、味の濃さや深み・・・すべてが格段に違うっ!! やはり手間暇かけて自分たちが育てた作物は特別な想いがありますね。きっと各家庭で食べた瞬間、きっとそう思えたでしょうね。

9年生の皆さん、ステキな学びができましたね。ありがとうございました。