2020年1月

幼稚園に侵入したのは!?(年長)

ある朝、子ども達が登園してくると、そこには大きな泥の足跡が・・・部屋に入るとおままごとが荒らされ、たくさんの足跡があり、青組さんはびっくり! 「くまじゃない?」、「泥棒だよ!」と侵入してきたのは誰かを考え始めました。調査した結果、「鬼の仕業だ!」と判明。青組さんは年少、年中さんの無事を見に行き、幼稚園の中の鬼探しが始まりました。虫メガネで足跡を分析したり、大きな升を作って泥の豆をつくったり、砂場に鬼の落とし穴をつくったり・・・とそれぞれが鬼退治に向けてアイディアを出し合いました。「鬼を退治するには豆が必要!」という話になり、すぐにスーパーに買いに行ったり、年中さんから“おにやらぼう”をもらって飾ったりと、鬼退治の準備を楽しみました。

くるくるお年玉(年中)

 新しい年が始まりました。園長先生からお年玉に「こま」をいただきました。早速、模様を描き、回してみました。こまを回すと、自分がつけた模様と違う模様が表れました。その不思議さを楽しんでいたり、友達の模様を見て「いいね。」と認め合ったりする姿が多く見られました。 また、凧作りをしました。作った凧を園庭や城北公園で揚げました。高く上がる凧と全速力で走る子ども達。自分の凧が上がっている様子は見ることができたのでしょうか。

「きれい!あっ、ここにも!」(年少)

ドアのガラスにステンドガラスシートを貼って、模様を作って遊びました。反射して床に映ることを見つけると、「ここにもある!!」「きれいだね」とつぶやきながら、とても喜んで遊びました。さらには、大きな模造紙でドアを覆うと、きれいな絵が浮かび上がりました。椅子を並べて「映画館ごっこ」が始まりました。太陽高度の低い冬ならではの遊びです。