2019年11月

クリスマス会に向けて(年長)

 だんだんと気温が寒くなり、普段の子どもたちの会話から「クリスマス」という言葉が少しずつ聞こえてきました。  そんな中、「サンタさんはいつ来るのかな?」という疑問が生まれ、手紙を出しました。そしてサンタさんからお手紙が届き、子どもたちはサンタさんが喜ぶために準備を始めました。 ハンドベルで遊んでいた子たちは、ジングルベルを演奏して見せたいと話になり、練習が始まりました。サンタさんのプレゼントをもらうためには、“プレゼントの箱”と”ツリー”が必要ではないかという考えに至り、自分たちでツリーと箱を作り始まりました。プレゼントの箱は様々な素材を自分たちで工夫をして作りました。箱を一度崩してみたり、オリジナルの箱を作ってみたりとそれぞれの素敵な箱ができました。ツリーを作り始めた子たちは段ボールを組み合わせて大きなツリーが完成!完成までに1週間かかりましたが、ツリーが完成したときは青組さん全員で喜びました。サンタさんが来るのが楽しみだね。

大きな大根、どうやって食べる?(年中)

 9月に畑に大根の種を蒔きました。葉っぱがとても立派になりました。 みんなで力を合わせて抜くと、見たことないような大きな大根が!!大歓声です。 大根の絵を描きました。とても大きな大根の絵ができました。 子ども達とどうやって食べようかと相談しました。 1回目は『ステック』、2回目は『味噌汁』、3回目は『おでん』になりました。 大根をたっぷり味わいました。

猫ごっこ(年少)

赤組には様々なままごとで遊んでいます。その中の一つに猫になってままごとをする猫ちゃんごっこがあります。「おなかがすいたニャー」「お洗濯するにゃー」とパーティーをしたり、家事をしたりと大忙し。女の子だけでなく男の子の猫ちゃんもなかなか似合っています。日によって、住処が違うこともおもしろいようでした。