ひかり1年生。仲間と共にひかり続けよう!

6月から通常登校が始まり、子ども同士の関わりが生まれてきました。

始めは、同じ幼稚園の友だちと話していたり、「○○ちゃんって誰だっけ?」と名前の分からない友だちを探したりする姿を見せていましたが、今ではこのような姿が懐かしく思います。

「一緒に鬼ごっこしようよ」と休み時間に仲間を遊びに誘う姿、「あ~、○○くんの言いたいことは分かるけど、ちょっと違うんだよな」「なるほど!○○ちゃんの言っていること分かった」と授業の中で仲間の意見に反応する姿、「みんな時計見て!授業始まるよ」と授業の始まりをお知らせする姿など、自分の個性を十分に発揮し、仲間と共にひかり輝こうとする子どもの姿があふれています。 また、子どもの日記にも「休み時間に友だちと遊んだことが楽しかった」「授業で友だちと話し合ったことが楽しかった」など、友だちと関わることに楽しさを見い出してる様子が記してありました。これらの子どもの姿から、学校で友だちと関わりながら学ぶことのよさを改めて私たち教職員も学ばせてもらいました。

自分が努力してひかり続けることを大切にしながらも、仲間と共にひかり続けようとしている子どもの成長を願って見守っていきたいと思います。