おおぞら4年生。もうすぐ2か月です。

各学級では、学級委員や実行委員、係等を決めたり、クラス目標やルールについて話し合ったりしてきました。各学級の決め方、思いはそれぞれ異なりますが、この1年をどんなクラスにしていこうか、真剣に考え意見する姿が見られました。
実行委員が決まったことを受け、早速動き出している委員もいます。新型コロナウイルスの影響により、例年と異なる方法で実施される行事も少なくありません。つどい、プール、特別支援交流会、相棒活動・・・それぞれの活動で何ができるか、どんな目標に向かって取り組むのかを、実行委員中心に話し合いを進めています。今後どのような姿を見せるのか、楽しみです。
さて、先日はお忙しい中、懇談会へご参加いただきありがとうございました。その際放送にて校長よりお知らせしましたが、感染症対策に取り組みつつ、友だちと関わりながら学びを広げていく「附属の授業」機会を大切にしていきます。子どもたちにとって、クラス替えはありませんでしたが、休校でリズムが崩れたり通常の生活に制限があったりと、変化の多いスタートとなりました。それでも「学校が楽しい」「友だちに会えてうれしい」と前向きな姿で生活したり、授業においても自分の意見や疑問を友だちに伝えて共に学習を進めたりする姿はとても生き生きしています。附属小の学びが実現できるよう、努めていきたいと考えております。今後とも、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。