令和元年度 グループ活動 本キャンプ 最終日

いよいよ最終日です。朝のつどいを終えると朝食準備に取り掛かりました。

1日目の夕食のカレーづくり、2日目の夕食のシチューづくりを経ているので子どもたちの手際もお見事でした。

なかなか火がつかないグループがいると他のグループが炭を分けてあげたり、調理している間に使わない道具の片づけをしたりと、ここでも自分にできることをみつけ行動している姿がたくさん見られました。

2日間の活動が活きたご飯とお味噌汁の味はとても美味しく、ほっとするものでした。

片づけや清掃も素晴らしかったです。鍋や飯盒についた煤を一生懸命落としたり、3日間お世話になったテントや炊飯棟をきれいにしようと細かいところにまで気を配っていたりしました。

学校に戻ってきて解団式を終えたあと、最後にグループごとこの3日間を振り返る時間がありました。子どもたちの言葉や態度を捉えると、行事としてのグループ活動は終わっても、きっと彼らの中でのグループ活動は今後も続いていって、それが9月からの学校生活を充実させてくれるものの一つになるのだなと思いました。