令和元年度 グループ活動 本キャンプ 2日目

2日目です。
朝のつどいから子どもたちは5分前行動を意識して活動していました。グループ長さんを中心にお互いに声を掛け合っている姿がとても素晴らしかったです。天気もそんな子どもたちの気持ちに応えてくれたのか、予報を覆し晴天となりました。

フィールドワーク出発前もパワー全開。スタート近辺の芝生広場で、ありあまる体力を発散していました。こんな場面でも一緒に遊ぶことで仲間との関係は深まっていたと思います。コマ地図が手渡され、いよいよスタートです。実際の道と地図を照らしあせながら、「こっちじゃないか」「あっちじゃないか」と話しながらゴールを目指していました。途中のチェックポイントではグループで協力してお題をクリアするとみんなで喜び合う姿があり、微笑ましかったです。

ゴールした子たちの表情は長い距離を歩いたはずなのに、どこか晴れやかでした。

夜も予定通りキャンプファイアを行いました。集団長さんの点火により灯った火を参加者全員で囲み、歌ったり踊ったりしていると附属小の一体感を感じました。ポカリダンスも最高でした。後半はそれぞれのグループで一つのキャンドルを囲みました。これまでの振り返りやキャンプに対する思いを一人一人が語っていたり、ちょうど誕生日を迎えた仲間に歌のプレゼントをしていたりとグループの個性が発揮された時間となりました。

活動を通して子ども同士の距離がぐっと近づいた2日目となりました。