第63回教育研究発表会(保体)

保健体育科教科テーマ 「生徒が『おもしろい!』と思える授業づくり

~ストーリー性のある単元開発~」

 

公開授業 「結局、受検生は何時間寝ればいいの?」

自分の睡眠を今後どのように変えていくか、

睡眠時間だけでなく生活そのものを見直す授業でした。

P1060787 P1060743 P1060759

授業に先立って、授業や研究の概要説明がおこなわれました。

DSCN1116 DSCN1105 DSCN1110

・事前に概要説明があったことで,授業前に先生の考えを知ることができたことは大変ありがたかったです。

・今までストーリー性のある授業を考えていなかったので参考になりました。ストーリー性を取り入れることで,生徒の興味・関心につながり,より主体的に授業に取り組むことができるのではないかと思いました。

・保健は人生そのものだと思います。とても大事でおもしろい教材だと思うので,大変参考になりました。本校でも実践できると良いなと思います。

参会者の皆様から上記のようなご感想をいただきました。

 

0555

午後の講演では、日本体育大学大学院教授 今関豊一先生から

「保健体育科における主体的・対話的で深い学びの授業展開に向けて」

というテーマでごお話をいただき、

それを受けて協議会でさらに協議を深めました。

・今関先生の話は目から鱗でした。色々な立場の人の話が聞けて大変勉強になりました。実行してみたいです。

・教科別協議会は,時間を沢山取ることができて充実した会になった。久々に中身にある議論ができた。

など、充実した時間となりました。

 

他教科の様子も順次アップしていきます。