ゆう文御礼

ゆうかり祭文化部門が終わりました。

 

子どもたちの、

ステージに上がる前の緊張感溢れる面持ち、

ステージの上で一生懸命歌っている姿、

ステージから降りてくるときのやりきったという

充実感に満ちたほっとした顔、満足した顔、

どれもとても素敵で、それを見ているだけで胸が熱くなります。

 

ステージの上であの合唱を披露するまでには

いろいろなドラマがありました。

集団の心が一つにならなくて温度差が生まれたり、

リーダーが集団をうまくまとめられなくて悩んだり、

壁にぶつかり、なかなか上達しなくて苦しんだり。

 

でも、みんな、それを乗り越えてみんなで一つの歌を歌うことで、

大きく成長します。

その成長をすぐそばで実感し、

一緒に感動できる教員の仕事は本当に素敵な仕事です。

附属校として、教員を目指す学生たちに

この教員のやりがいを何らかの形で伝えられたらいいなと思います。

 

どのクラスの合唱も、どの学年の合唱も、とても素晴らしかったです。

有志の部、授業の部、部活動の部、展示の部の発表も、

今までの練習の成果を存分に発揮した素晴らしいものでした。

 

ご来場くださった皆様、応援してくださった皆様、

支えてくださったPTAや猫孫会の皆様、

本当にありがとうございました。

 

当日の様子は順次アップしますので、

しばらくお待ちください。