第64回教育研究発表会(理科)

公開授業Ⅰ 1年生 「地層から読み取る大地の変化」

タワーの最適な建設ポイントを選定する活動を通して

科学的な根拠を基にしながら

地層の重なりと広がりを推測すること

地層の重なりや広がりを議論する活動を通して

大地の変化を読み取ることへの主体的な態度を高め

科学の有用性を感じたりより高次な疑問を抱いたりすること

を狙った授業でした。

IMG_7530 IMG_7535 IMG_7538 IMG_7541 IMG_7544 IMG_7556 IMG_7572 IMG_7586 IMG_7591 IMG_7594 IMG_7596 IMG_7605 IMG_7626 IMG_7638 IMG_7647 IMG_7662 IMG_7671 IMG_7519 IMG_7524 IMG_7529

 

公開授業Ⅱ 2年 「日本の天気とその変化」

「9月9日ゆう陸本番まで、なぜ天気は崩れ続けたのか?」という課題に対して

小集団でつくり上げた考えを伝えること

これまで獲得してきた科学的な知識や追究の結果、

資料を手がかりに他者と議論をおこない、ゆう陸の開催時期を提案すること

自分の思いだけでなく、科学的な視点や他者の考えを取り入れることで

自分の考えが広がることを実感すること

を狙った授業でした。

P1030991 P1030995 P1030996 P1030997 P1030998 P1030999 P1050001 P1050002 P1050003 P1050005 P1050006 P1050007 P1050008 P1050009 P1050010 P1050011 P1050012 P1050013 P1050014 P1030990

参加者の皆様から、以下のような感想をいただきました。

・視点の展開ができていてすごかったです。地層の柱状図を天井に貼るアイディア、プロジェクションマッピングはためになりました。

・子どもが単元を貫く目標に向けって、主体的に取り組んでおり、そのための手立ての多くに驚きました。自校の実践にも生かしたいと思います。

・学習指導要領における地学分野「時間的・空間的」の視点が子ども達につくように、要所要所で指導が入っていて、地学分野の指導要領のポイントが少し分かった気がしました。

・小学校教諭ですが、中学へのつながりを意識して基盤となる力をつけていきたいと思いました。特に、問題解決のための議論は、私の学校でも大切にしていきたいと考えているので、参考にさせていただきます。

 

午後の講演会では

横浜国立大学 理事補佐 附属高度理科教員養成センター長

教育学部教授 加藤圭司先生に

「科学的探求における吟味と統合のプロセスを重視した理科授業デザイン」

というタイトルで、ご講演をいただきました。

DSC_2804 DSC_2807 DSC_2809

・自分の研究につながる部分が多く、大変参考になりました。

・専門的なお話が聞け、収穫の多い時間でした。

・講演会はとてもわかりやすく勉強になりました。

といったご感想をいただきました。

 

他教科の様子も順次アップしていきます。

当日の公開授業の授業案もHPで公開いたします。