第64回教育研究発表会(家庭)

公開授業 3年 「こども園プロデュース」

幼児の発達の状況や生活の様子、興味・関心に応じて

幼児とのよりよい関わり方を考え、工夫することを狙った授業でした。

IMG_2598 IMG_2599 IMG_2549 IMG_2553 IMG_2554 IMG_2562 IMG_2576 IMG_2577 IMG_2581 IMG_2584 IMG_2590045904630470047304790480048104350440044104440446045204550457

参加者の皆様から、以下のような感想をいただきました。

・自分の学校であったらどのようにできるのかを考えながら参観させていただきました。子どもたち一人一人が思いを持って考えていた姿を見て、佐貫先生の目指す姿が現れているのだろうと思いました。様々なアイディアを得たことを、自校でも取り組んでいきたいです。

・題材を通した1つの課題「こども園プロデュース」で、子どもたちが解決していく授業はとてもよいと思います。「○○なこどもを育てるために」をコンセプトに、1つずつ課題を解決していき、最終的に自分らしいこども園を作っていくというゴールがはっきりしていました。本時の授業で学習した「○○な関わりをしたい」が実際に幼稚園でいかせるといいなと思います。

・新しい学習指導要領に基づく新鮮な授業提案で、実践してみたいと感じました。

・とても魅力のある題材で、自分の授業に参考にしたいと思いました。関連する資料も活用させていただきたいと思います。ありがとうございました。

 

午後は、静岡大学教育学部教授 鈴江毅先生に

「高齢者の介護について~人が生きていくための技術・家庭科~」

というタイトルで、ご講演をいただきました。

DSC05764 DSC05766

・講演会では、普段聞くことができない内容を聞くことができたり、自分たちが体験することができたりしたため、とても有意義な時間となりました。高齢者に関するところはあまり自分自身が学ぶことがなかったので、いい機会をいただけて感謝しています。

・高齢者の介護についての講演会は、ユーモアたっぷりに話してくださり、楽しく知識を得ることができました。

・知っているとよい知識でも、なかなか知る機会がない「高齢者」について、専門の方から聞く機会となり、よかった。

といったご感想をいただきました。

 

講演の後は、島田市社会福祉協議会の中野様をお招きし、

高齢者疑似体験セットの扱い方やその役割について教えていただきました。

また、参加者の皆様に、実際に高齢者疑似体験をしていただきました。

DSC05771 DSC05773 DSC05774 DSC05775 DSC05776 DSC05768 IMG_4345 IMG_4348 IMG_4332 IMG_4339 IMG_4342 IMG_4344

・高齢者体験をおこなったが、しゃがむ、階段をのぼるなど、いつも当たり前にできていることができなかった。それを知ることでどのように高齢者と関わっていけばよいか考え、生かしていきたい。

・高齢者体験はなかなかおこなう機会がないので、経験できてよかった。

・新しく組み込まれる「高齢者との共生・協働」ということで、鈴江先生のお話や体験はとても楽しく活動することができました。どんな目標でこの体験を活用していくのかなど「よりよく共生する」をもとに考えていきたいと思います。

といったご感想をいただきました。

 

他教科の様子も順次アップしていきます。

公開授業の授業案は

トップページ>教育研究>技術・家庭科(家庭分野)の実践

で公開しています。