第64回教育研究発表会(技術)

公開授業 3年 「これからの農業の在り方を考えよう」

情報技術を取り入れた農業の構想を深め

生産者の想いに応える農業について、いくつかの側面から考えること、

生物育成と情報技術のつながりを感じ、

計測・制御を取り入れた農業の構想を立てようとすること、

を狙った授業でした。

P1120439 P1120448 P1120451 P1120465 P1120472 P1120480 P1120484 P1120487 P1120489 P1120494 P1120495 P1120499 P1120500 P1120501 P1120505 P1120507 P1120508 P1120510 P1120512 P1120516 P1120522 P1120525 P1120533 P1120536

参加者の皆様から、以下のような感想をいただきました。

・植物工場と土耕栽培を比べるときに食べる事ができる実物があったのは、とても良かったと思う。食べてそれぞれの違いを実感できた。

・生物育成と情報を組み合わせた授業は見たことなかったため、とても勉強になった。

・情報と生物育成を自分の経験を結び付けて学習できるよい授業だと思いました。自分も将来実践してみたいと思いました。

・生物育成と情報をつなげた複合的な授業、非常におもしろく参考にさせていただきたいと思います。

・自分絵は思いつかない意見が生徒からたくさん出ていてとても面白かったです。生産だけじゃなく、市場の価格や出荷状況など、商売として、仕事として、生産者としての立場で考えている意見があり、仲田先生の今までの授業や手だてが有効にはたらいていたのだろうなと思いました。

・技術の各内容における設計の授業として、大変参考になる授業でした。実際の私たちの生活で活用できる現実に即した(切実感のある)設計になることが大切であると感じました。

 

午後のワークショップでは、

静岡大学教育学部准教授 改正清広先生に

「ブレッドボード型ユニバーサル基板による回路の製作」

を教えていただき、参加者の皆様にも製作をしていただきました。

P1120584 P1120585 P1120586 P1120588 P1120589 P1120590 P1120591 P1120572 P1120573 P1120574 P1120575 P1120577 P1120580 P1120583

・ワークショップは島中の特色ですね。毎年楽しみにしています。

・実技ワークショップはとてもありがたいです。やはり教師が理解し、納得いくものにしていかないと教材として魅力のあるものにはならないと思います。

・ワークショップでは、普段の授業に使えそうな視点を教えていただきました。

といった感想が寄せられました。

 

他教科の様子も順次アップしていきます。

当日の公開授業授業案もHPで公開いたします。