第64回教育研究発表会(英語)

英語科の教科テーマは

「fluencyとadepquacyの両立を目指した授業開発

~ライティングに焦点を当てて~」です。

 

公開授業Ⅰ 2年 「Travel around the World」

外国の基本的な情報やその国ならではの特徴が正しく伝わるように

ペアや小集団のアドバイスを生かして

よりよい構成や適切な表現を用いて説明することができることを狙った授業でした。

DSCN4123 DSCN4127 DSCN4129 DSCN4130 DSCN4133 DSCN4137 DSCN4142 DSCN4145 DSCN4147 DSCN4152 DSCN4156 DSCN4103 DSCN4106 DSCN4107 DSCN4110 DSCN4113 DSCN4114 DSCN4116 DSCN4118 DSCN4119 DSCN4120

 

公開授業Ⅱ 3年 「My OpinionⅡ」

自分が決めたテーマについて

自分の意見や主張をまとまりよく話すことを狙った授業でした。

DSCN4235 DSCN4236 DSCN4239 DSCN4240 DSCN4242 DSCN4249 DSCN4268 DSCN4273 DSCN4285 DSCN4295 DSCN4297 DSCN4298 DSCN4300 DSCN4301 DSCN4305 DSCN4180 DSCN4188 DSCN4195 DSCN4197 DSCN4202 DSCN4209 DSCN4210 DSCN4215 DSCN4216 DSCN4225 DSCN4230

参加者の皆様から、以下のようなご感想をいただきました。

・ライティング指導はずっと悩み続けています。今回の授業を見させて頂いて,誰が読むのか,やなぜ新聞にするの?メモをするの?の目的が本当に大切なんだなと思いました。たくさんヒントをいただきました。

・自身の授業の中で取り入れてみたい活動がたくさんちりばめられていました。自校の実情を踏まえると実現に結びつけていくことが…と思いがちですが,できそうなことを自身でアレンジしながら取り入れていきたいと思います。

・帯活動での生徒の姿に,日々の指導の積み重ねが表れていると感じました。即時的なやりとりをする力が身についていることに驚きました。また,教科書をinputに最大限活用するための音読のアイディアや活動例のお土産ありがたいです。本校でも,取り入れていきたいと思いました。大変勉強になりました。インスピレーションを与えてくださり,ありがとうございました。

 

午後のワークショップでは、

「高校の出口までを意識したライティング指導の在り方」というタイトルで

東京都立両国高等学校附属中学校 教諭 鈴木悟先生からお話をいただきました。

DSCN4319 DSCN4320

・昨年度に引き続き,鈴木悟先生のワークショップはとても面白かったです。今の英語の題材とこれからの展望と,さらに,学習指導要領に基づいて話していたことがよかったです。ベーシックな面のアイディアから,実践的な問いの作り方に至るまで,大変参考になりました。

・勉強になることばかりです。推論発問,これから取り入れていきたいです。生徒の主体性を育むための仕掛け,もっと学んでいきたいと思います。

・深いところまで掘り下げた議論が聴けてとても勉強になりました。日頃からそこまで考えて授業作りをしないといけないなと考えられました。

・鈴木先生のワークショップ,とても勉強になりました。またお話聞きたいです。そして,機会がありましたら授業を参観させて頂きたいと強く思うほど,大変勉強になりました!今日は持ち帰れるものが本当に多かったです。ありがとうございました。

参加者の皆様から、上記のような感想をいただきました。

 

他教科の様子も順次アップしていきます。

また、当日の公開授業の授業案も、近日中にHPで公開いたします。