副校長チャレンジ第3弾

恒例となった副校長チャレンジの第3弾に挑戦しようと,校長室を訪れる子どもたちの姿がありました。今回の暗唱の課題は「はきものをそろえる」です。この詩について少し調べてみたところ,禅の修行寺の玄関には,「脚下照顧(きゃっかしょうこ)」という札が立ててあるそうです。「自分の足元を見よ」「自分の行いを見よ」と言う意味ということですが,それを子どもにも分かるように,そしてそれがいつも行動として身につくようにと考えたのがこの詩なのだそうです。子どもたちの行動となって表れることを期待したいです。

DSC_0260 DSC_0263