登下校中の安全を考える

昼休みに通学路別グループ会が行われました。同じ通学路の子ども同士が話し合うことを通して,安全な登下校やバスのマナーを確認しました。

学院大学前乗車の子どもたちの話合いでは,バスの乗り方について自分たちで良い点や改善点を出し合っていました。バス停では通行の妨げにならないように,壁側一列になって並ぶこと。バスに乗ったら,すぐに座ることなど,これから気をつけたいこととして挙げられました。
最後に,通学班の6年生から,下級生にこんな言葉が掛けられていました。

「迷惑かどうかは自分たちがきめることじゃない。一緒にバスに乗っている人や地域の人が迷惑だと感じていたら,それは迷惑なこと。だから,周りの人がどう思っているか考えて行動しよう。」

6.24