授業研究

4時間目に,3年生が理科「明かりをつけよう」の授業研究を行いました。

豆電球を使い,電気を通すものと通さないものを調べました。スプーン,割り箸,1円玉,10円玉,はさみ,鍋,スチールウールなど身近なものの中で,電気を通すか通さないかの予想を立て,それを検証するために実験を行いました。同じアルミニウムでできているはずの1円玉と鍋に電気と通すと,1円玉には電気が通って,鍋は電気が通りません。
「なぜ,鍋は電気が通らないのか…」子どもたちの話合いが始まります。「電気を通す道が狭いからではないか。」「木でできた鍋の取っ手のところに電気が行ってしまうのではないか。」「電気を通す道が長すぎるからではないのか」ありとあらゆる意見が出され,原因を探っていき,ついに正解に辿り着きます。

子どもたちのこれまでの経験と解明したいという思いで授業が進んでいきました。参観している教員も思わず授業の中にのめり込んでいました。

 

26 26-1