薬学講座

多目的ホールで5年生が薬学講座を行いました。学校薬剤師の渥美先生から「自分のからだを大切にしよう」をテーマに,お話や実験をしていただきました。

薬の正しい使い方やお酒とたばこの害,シンナーや覚醒剤の害についてお話していただきました。
子どもたちは,たばこを吸って汚れた肺や,お酒を飲まない人の肝臓、シンナーを吸い続けて縮んだ脳の映像を見せてもらい,実際に体に起こる影響を実感していました。

実験は2つ行いました。1つめは,薬の正しい使い方です。薬を水で飲まないと,体の中でどのように変化するのか実験しました。水の中に薬を入れても色は変化しませんが,お茶の中に薬を入れると色が黒く変化して効果が薄れる場合があるということでした。薬を水で飲むことの大切さを学びました。2つめは,たばこの副流煙についてです。副流煙は,7mの範囲に広がります。多目的ホールでたばこを吸った場合はどうなるのか。ロープで半径7mの円を描くと,ほぼ多目的ホールにいる全員が害を受けることになります。

お酒やたばこ,薬物などは,体に悪影響があります。正しい知識と,体に害のある物は誘われても断る強い意志をもち,健やかに成長していくことを願っています。

19-119