3学期が始まりました

今日から3学期。やはり学校は生徒の声が響き渡ってこそ・・・ですね。

始業式では、各学年の代表生徒による「3学期の決意」が発表されました。

1年生:沈没船ジョークの話から、「目標を具現化する」ことと「悪い環境をなくす」ことに努力する。

2年生:2学期に「挑戦」したことから学んだ「自律と自立」と、仲間の力を借りながら自分のあるべき姿を自覚した生活を送る。

3年生:何事にも「綿密な下準備」をして臨むことと、中学生として限られた時間を「(学年)集団」として過去最高のものとして笑顔で卒業する。

新年にふさわしい、すばらしい決意発表でした。

校長からは、地元の芸術家・秋野不矩さんの人生を通して、常に新しいものを創りだすことの難しさと素晴らしさについて話がありました。コロナ禍の現在、今だからこそやれることに挑戦し、飛躍の一年としてほしいという話がありました。

そして校歌。CDを流し、声ではなく心で斉唱です。最後に生活担当の戸松教諭から、この3学期の生活上の留意点について話がありました。

1月は「行く月」、2月は「逃げる月」、3月は「去る月」・・・あっと言う間の3学期になります。1日1日を大切にしていってほしいものです。