「保育体験」を行いました(12/16)

家庭科の授業で、ふれあいサポートネット「ふわっと」さんに保育の授業をお手伝いしていただきました。

授業で作成した「今、そして未来に向けて、はままつを『子どもが育つよりよい環境』にする方法」をプレゼンし、実践的なアドバイスを頂くことができました。 さらに、お人形での「だっこ体験」から、「赤ちゃんというだけで愛おしくなる。」「はかないものとして命をとらえ、守りたいという気持ちをもった。」「赤ちゃん人形を抱っこしている友達が輝いて見えて、母性を感じた。」という言葉が出ていました。命の重みを感じ、自分も愛されて育ったことをも実感する時間となりました。 将来、すてきなパパママになってくれそうですね。