「生徒議会」が行われました

放課後、生徒会役員や各クラスのP学級委員が集まり、「生徒議会」が開催されました。

通常よりも参加人数が少ない状態での議会・・・各クラス2名の学級委員のうち、今回は1名のみの参加という形をとっての開催になりました。

 

本日の進行は副議長さんです。

冒頭は生徒会長の話です。

「当初の計画をすべて進めるのはほぼ不可能。限られた期間の中で、何をどのようにやっていけばよいのかを考えていく必要がある。そして、困難な状況だからこそ支え合うことが大切」と呼びかけました。

その後、各専門委員長から委員会活動について提案がありました。

附属浜松中生徒会は、生徒の前向きな姿勢と工夫、そして自治的な活動に満ちあふれています。